多重債務者とは何か

・多重債務になり、支払いが不可能になってしまいそうな人には

 

一般的にはルーズな印象を感じてしまいがちです。それは確かにルーズが理由で多重債務になってしまう人もおりますが、実際は真面目な人ほど多重債務になりがちであるという事を見逃しては駄目なんです。

 

此処では、多重債務はどんな状況の事を言うのかを正しく知っていきましょう。

 

何カ所の業者から借金をした場合に、一番気になってしまうのはいつ頃になったら支払いが終了するという事になります。

 

一般的なサラリーマンを例えにしますと、サラリーマンの平均的な月収は20〜30万円くらいになりますが、この月収のときに借金の総額が300万円を越えてしまっていれば、全額の支払にはかなり苦労をするか全額の支払が難しくなってきます。

 

※なぜ返済が難しいのか

 

・借金の総額が300万円であって、利息を仮に2割として計算してみましょう

 

この時、1年間の利息は60万円にもなってしまいます。もし1年で全額返済となれば、1年間で360万円返済する計算となり、月に30万円も支払いをする計算になってきます。

 

こんな状態でまったくも生活なんて無理です。 無理ない生活をする為には5万円くらいの返済が妥当なんでしょうが、毎月5万円の返済では利息だけしか返済する事が出来ないので、

 

どんなに時間が経っても元金が減る事なんて無いんです。少しでも良いから減らそうと頑張っても、月々6万円支払いしても1年間で元金は12万円しか減っていないんです。支払いにかなりの辛さを強いられる訳が理解できたかと思います。

だから、嫌な事に金融業者は、利用出来る枠が空けば新しく融資を勧めて誘ってきます。

 

生活する苦労からここで追加の借入を受けてしまう人も大勢いるんです。誘いを断る事を出来ても、全額返済にはかなり長い年月が掛かってしまいます。

 

そして、複数の業者から融資をしている場合には、借金の支払の為の融資をしているケースが結構多くあります。このような時には、借金は減るどころか利息分の借金が増額していく事になってしまいがちです。

 

こうなったら生きてる間に全額返済できません。こんな場合は、迷わないで弁護士に相談する事をしてみましょう。

関連ページ

消費者金融の手口とは@
消費者金融の手口とはどのような物があるのかを解説したいと思います。最近ではクリーンなイメージが強くなってきている消費者金融ですが、実際は人間の心理を突いた巧妙な手口があるのです。消費者金融の手口に騙されないようにしましょう。
消費者金融の手口とはA
消費者金融の手口についてご紹介します。消費者金融の手口については前回も説明しましたが、それだけではありません。まだ多数の方法がありますので、そちらをご紹介します。消費者金融からの借り入れは計画的に行いましょう。
多重債務者になってはいけない
多重債務者になってはいけないと言うのは当たり前の事です。消費者金融などからの借金は1社でも返済が大変です。それを複数の消費者金融から借り入れてしまうと首が回らなくなるのは当然です。絶対に多重債務者にならないようにしましょう。