他社の借入の件数を減らす

おまとめローンとは
何カ所の業者から融資しているローンを低い金利によるローンに一本化にしてまとめ、月々の元金の支払いや利息支払いを減額をし返済を行うプランになります。

 

消費者金融では少額の融資であればある程高い金利にさせられる事が多く、少額を複数の業者から融資している場合には支払いはかなり大変な事になってしまいます。

 

そんな状況には、おまとめローンが力を出すんです。

 

融資をしている複数の業者のうち、最初は2社や3社しかまとめる事が出来なかもしれなせんが、

 

少しでもまとめて一本化にしていくと段々支払いが楽になるので諦めては駄目なんです。

 

 

ローンをまとめていくのに、他社の融資の件数が多い事で審査に駄目だったり、

 

初めの借入出来る限度額に届かないとかの厳しい事が予想出来ますが、一度で一本化が無理でも、諦めることは無いんです。

 

支払いの実績を段々と積み重ねて行ながら、他社の融資件数を1社、2社と減らす事により、優良な顧客として徐々に認知されていくんです。

 

段々と優良な顧客になっていき、支払いの条件が一番いい金融業者の審査に通過してなるべく楽に支払いする事を目標にすれば、頑張る気持ちが出てくるかもれません。

 

 

他社での融資件数を減らしていく必要があるんですがこれにはいくつかポイントが存在します。以下のようになります。

 

・希望の融資金額に届かないとしても、借入の残高が少額な順に1社でも多くまとめること
・全額返済する事できちんと解約する事で、信用情報機関から他社の借入枠を消していく事
・返済の実績をつけ、増額と金利の減額を交渉をすること
・最終的には条件の良い低い金利ローンでまとめること

 

そして借金を全額返済するためには、追加で融資をしない事なんです。

 

長い期間の計画を立てて、その計画に忠実に、追加の融資ははっきりと断る意志を持つんです。

 

目安として、他社の融資件数は3社まで減らす事が出来れば成功といえるでしょう。2社までになれば、完全ではありませんが、おおむね成功となるでしょう。

関連ページ

消費者金融の手口とは@
消費者金融の手口とはどのような物があるのかを解説したいと思います。最近ではクリーンなイメージが強くなってきている消費者金融ですが、実際は人間の心理を突いた巧妙な手口があるのです。消費者金融の手口に騙されないようにしましょう。
消費者金融の手口とはA
消費者金融の手口についてご紹介します。消費者金融の手口については前回も説明しましたが、それだけではありません。まだ多数の方法がありますので、そちらをご紹介します。消費者金融からの借り入れは計画的に行いましょう。
多重債務者とは何か
多重債務者とは何かについて教えます。多重債務者は耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実施にどのような人が多重債務者になってしまうのかをご説明します。
多重債務者になってはいけない
多重債務者になってはいけないと言うのは当たり前の事です。消費者金融などからの借金は1社でも返済が大変です。それを複数の消費者金融から借り入れてしまうと首が回らなくなるのは当然です。絶対に多重債務者にならないようにしましょう。