弁護士と司法書士どちらに依頼する?

借金の返済が困難になった、返済方法の変更をしたがうまくいかないなど借金に悩んでいる方を救済する法律として、債務整理があります。

 

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生などの種類があります。

 

どの方法を選択するかは収入も重要となりますが、借金の全部をなくしたい、額を減らして完済したいなど整理の仕方にはひとりひとり違う考え方があります。

 

それぞれの事情や考え方に合わせた債務整理を選択することをお勧めしますが、そのためには手続きの違いや、メリットやデメリットをよく理解することが大事です。

 

債務整理は弁護士か司法書士のいづれかに依頼することになりますが、費用に極端な差はありません。

 

どちらかに知り合いがいれば知り合いに依頼するというように簡単ですが、いなければ公共機関や法テラスの無料相談を利用して紹介してもらうことも出来ます。

 

ただ自己破産の手続きとなると、少々事情が変わってきます。

 

自己破産は裁判所に「支払い不能」を認めてもらい、借金の支払義務を免れる制度で、借金の返済めどが全く立たない場合の最終手段です。

 

裁判所に破産宣告をし、免責(借金を支払う義務がなくなること)が下りるのを待つのですが、宣告には本人の代理として弁護士か司法書士が裁判所に行くことになります。

 

弁護士と司法書士とでは、代理業務の範囲に限度があり、自己破産の場合、司法書士が代理で宣告できる対象金額の上限は140万円までで、それ以上の金額はできないため、本人が宣告をすることになります。

 

どちらかといえば、自己破産の手続きは弁護士に依頼した方がいいのかもしれませんが、債務が140万以上でも書類の作成や手続きを司法書士は請け負いますし、当日の裁判所への同行も可能です。

 

全て自分でしなくてはいけないということではないので、特に心配することもありません。

関連ページ

債務整理についての基本
債務整理についての基本をご紹介します。銀行や消費者金融からの多額の借り入れで多重債務者になってしまった場合は、債務整理がオススメです。この債務整理の基本についてお教えしますので、参考にしてください。
債務整理の種類は?
債務整理の種類について気になる方は多いのではないでしょうか?債務整理と一言で言ってもその種類には複数あります。自分の借金の情報を認識した上で、自分に合っている方法で債務整理をしましょう。
債務整理にはどんなメリットがあるのか?
債務整理にはどんなメリットがあるのかを教えたいと思います。債務整理を利用される方の、ほぼ全員が借金で苦しんでいます。最大のメリットは借金がなくなる事です。それ以外にもいくつかありますので参考にしてください。
債務整理のデメリットは?
債務整理のデメリットについてご紹介します。債務整理には多数のメリットがあるのですが、デメリットはどのくらいあるのか気になる方は多いと思います。今回はこのデメリットに関して詳しく掲載しています。